グリーンとピンクのあいだ

関ジャニ∞とか、NEWSとか、Sexy Zoneとか。ジャニヲタです。コンレポとかセトリも書きます。

QUARTETTOの思い出を語りたい

QUARTETTOについて語りたいよ!という欲を抑えきれない。

下書き状態の“思い出日記”ではセトリのことも衣装のことも書かない(いろいろこだわりがある)し、セトリと衣装のこと語りたーい!!!

QUARTETTOロスっていうほど精神的にやられてはいないけど、とにかく語りたーい!!!

落ち着いて大人なんだから。

とういことでなにか書きます。

 

 

私のQUARTETTOは、5月7日名古屋ガイシホールから始まりました。

ネタバレを避けていたわけではないのですが、ツアー初めの方(自分的初日の名古屋は既に後半)ではメンバーから「ネタバレしないでね」発言があったそうで、ほぼ何も知らないままの参加でした。

 

オープニング

まず、買ったとき点灯確認したはず・そして間違いなくスイッチを入れたはずのペンライトが消えて泣きそうになりました。

不良品初めてだ…どうしようもう始まっちゃう…と半泣きでカチカチやって「つかないの、どうしよう」と訴えた私は「制御!」との相方の冷静な声で我に返りました。

いきなり制御するんなら、袋に「コンサート開始時につかないのは不良品ではありません」って書いておいてくれたらいいのにな。

ひどいネタバレだよそんなの

 

メインステに出てきたのはJrの子達なのかな。

歌舞伎の黒子みたいに顔にまで黒い布つけて、Jr担なら「誰が誰か」わかるのかなぁ…私は顔が見えててもわかんないもんな…と思いながら、NEWSがステージに出てくるのを待っているのですが。

メインステを見ていたのに、まぁまさかあんなところから出てくるとは。

それなりの声で「どこ!?」って言っちゃったような。

ドームではメインステ、花道右端・花道左端・バクステでしたが、アリーナではセンステ横の階段が開いてそこを登ってきました。

バクステから手越さん。

…ええっと?(おいおい)メインステ側からまっすー、花道右手からけいちゃん、花道左手からシゲ…だと思います。

名古屋から広島を経て東京ドームまで合計6公演(名古屋日曜日の2部は入ってません)参加させていただきましたが、手越さんが出てくるバクステしか見ていなかったので、他メンバーの登場位置が違ったらごめんなさい。

 

      メイン(まっすー=青)

左手(シゲ=白)      右手(けいちゃん=黒)

      バクステ(手越さん=赤)

 

この登場位置と衣装の色を見て「四神みたい」と思いましたが、有名アカウントさんが既におっしゃっていたので黙ってました。

でも四神は

 

       北(玄武=黒)

西(白虎=白)       東(青龍=青)

        南(朱雀=赤)

 

だから、ちょっと違うかな?

年齢順かな…とも思いましたが、朱雀=赤=手越さんならそれもいきなり違うんですよね。

青春→朱夏→白秋→玄冬(黒)の順なので、これだとまっすー→手越さん→シゲ→けいちゃんになっちゃう。それに確か、玄冬っていうのは…。

四神が完全に関係ないと思うにしては、メンバーカラーも関係なく、また赤と青がいるのに白と黒という不思議な配色だったのですが、これについてはいつかまっすーが語ってくれるのを待とうと思っています。

かっこよかったから何でもいいです(究極の結論)

あ、四神と言っておいてなんですが、中央には黄龍という神獣がいまして、黄色は中国の最も高貴な色で「四神の長」とも呼ばれていまして。

4人が黄龍の鎮座する中央に集まって歌い始めるところが高貴だぁと思ってました。

 

QUARTETTO

ANTHEM

チャンカパーナ

希望~Yell~

f:id:potekuro:20160624005540j:plain

とにかくこの衣装大好き!

個人的に「緞帳」って呼んでました。

初参加の名古屋で一瞬で手越さんはバクステ側にいる!って認識できたのは、金髪のおかげに他なりません。

ありがとう金髪。

赤い緞帳(だから)似合ってたなぁ…♪We can fly! でジャンプするところがアホの子のように好きでした。

ジャンプすると緞帳が翻って、裾から次の衣装がちょっと見えるのも好きで、顔と裾と見てるのがなかなか忙しかったです。

コンサート初めは全員を肉眼で見たいというこだわりを持つ私としては滅多にしないことなのですが、参加した全公演で初めから双眼鏡で手越さんロックオン状態でした。

そのくらいこの衣装と、この衣装を纏い踊る手越さんが好きで好きで。

早く盤にならないかなと思うのですが、盤になったときはマルチアングル希望です(JE様お願いします)

 

チュムチュム

KAGUYA

太陽のナミダ

HAPPY BIRTH DAY

チェリッシュ

f:id:potekuro:20160624013009j:plain

「蛍光カラーの逆セーラー」なんて失礼な呼び方をしてごめんなさい増田さん。

「足元は田舎のラブホの車で入るところに似てるよね」なんて…そんな失礼な発言してませんよ←

この衣装で歌うチュムチュム可愛かったなー!本当に可愛かった!!(語彙力)

けいちゃんのチュムー!!が力いっぱいでけいちゃんチュムー!!

ドームでは各々チュムチュムの歌い終わりで奈落に降りて、KAGUYAはバクステで。

奈落に降りた、というより落ちた、に見えてそれなりに驚きました。

個人的にはKAGUYAバクステは嬉しかった…。

 

でも、あの衣装でKAGUYAはどうなんでしょう。

ガンジスのほとりから古典の世界に、蛍光カラーの逆セーラー(足元はラブホ)でタイムスリップ。

和傘の似合わないこと似合わないことこの上ない。

いつかどこか、手越さんの傘がタイミング通り開かなくてちょっとだけ慌ててて可愛かったからもう全部可愛い。足元がラブホの駐車場の入口でも可愛い。

言いたいこと書きすぎ。

 

チェリッシュの最後、手越さんの「みんなで回すよ!」とか「わかるよね」とか「先生についてきて」ってバリエーション豊富な言葉とともに♪チェーリーッシュに合わせてペンライトぐるぐるして。

手越さんが「みんなじょーずっ♡」とか「よくできましたっ♡」とか優しい声で言ってくれるので必死でぐるぐるしました。

その手越さん、アリーナでは暗転したあと悠然と花道を歩いて行ったのですが、ドームでは広さもあってかそれなりに急いでて、もう何でも可愛い好き←

 

星の王子さま(加藤ソロ)

f:id:potekuro:20160624005518j:plain

純文学を一切読まない私に、サン=テグジュペリの「星の王子様」を読ませたという記念すべき楽曲です。

それだけシゲの星の王子様の演出がわけわかんなかった…ゲフンゲフン(||´Д`)o

やっぱり黒子みたいに、顔まで黒い布で覆ったJr?が薔薇の被り物をしてたり、キツネの被り物をしてたり「何なのこの世界観」と思ってました。

読んだら納得しましたけど。

シゲのソロは、とにかくペンライトの制御が綺麗で、チカチカってなった時(♪星の光を 今)「わぁあ」って歓声が上がって「なにか起きた…なに?」って思って。

でも名古屋ではシゲを見てて気付かなかったんです。2公演とも見切れ側の席(狙ってないのに見事なサイドチェンジの2日間でした)だったので、メインステを見てたら会場が見えない位置だったので余計気付けなくて、「あの歓声はなんだったんだろう」と思ってました。

広島からはちゃんとペンライトも見てました。

自分は光ってないのに隣の人が光ってたり、ステージ側から見たらさぞかし綺麗だったろうな…。

ちなみに初めの朗読は

「たくさんの星を旅した王子様は 薔薇畑を見て少し寂しくなりました ふるさとの星に咲いた小さな薔薇に 『さようなら』と言ったときのことを思い出したからです お友達の狐は言いました 本当に大切なことは、目に見ただけじゃわからないんだ 大切なことは目で見ただけじゃわからない 王子様は小さな声でそう繰り返しました」

最後の朗読は

「王子様は 最後に目を閉じてこう言いました 愛すること それは、見つめ合うことではなく 共に同じ方向を見ることなんだよ 君ならわかるだろ」

 

LIS'N(増田ソロ)

f:id:potekuro:20160624012848j:plain

センステにゆっくり出てくるまっすー。

スピンから始まるソロ。

息遣いも含めて最強にかっこよかったです。

センステの端っこで、ずっと座ってるだけのJrが4人?かな、いて、「彼らは楽そうだな」と思って…えぇと…。

いやとにかくまっすーかっこよかった。

実はCDで聞いたときは、担当手越さんのソロを超えて一番好きなソロ曲でした。

踊ってくれて、それがものすごくかっこよくて。

衝撃でした。

衣装の膝に穴あいてたのがかっこいい中で可愛かった。

センスいいなぁ…。

 

Touch

NEWSKOOL

weeeek

Departure

f:id:potekuro:20160624013139j:plain

デニム衣装!似合う!好き!

腰にグッズのバンダナを垂らした手越さんの背中に「Encore」って書いてあって、双眼鏡で確認できたときに「あんこーるって書いてある!」って相方に言ったら「へぇ、ほんとー」って棒読みで言われました(相方は増田さん担)。

 

Touchにものすごく癒される印象があると思ったら、楽曲のイメージよりも私がエイト@大阪(元気が出るLIVE京セラドーム公演、1月14日~17日・私の帰京は1月18日)から帰ってきた直後に発売されたシングル(発売日は1月20日・フラゲ日は前日1月19日)という事情が大きいようです。

手越さんの優しい歌声に限りなく癒されてる、と思いながら聞いてた1月末のことを思い出しつつ、ターンした手越さんの手がまっすーの背中に届かなかったりするのをニンマリ見つめてました。

しみじみ思う。仁王立ちでなくてよかった(テゴマスのラジオより)

そして掛け持ちでよかった。

 

NEWSKOOLの見方は完全に間違ってて手越さんしか見てません。

なんならコンサート参加姿勢が間違っててほぼ手越さんしか見てません。

王道ジャニーズダンスで、逆に新鮮で素敵でした。

中腰になるところも好きでした。

相方情報によると、まっすーはJrの子達と遊んでたのがとても楽しそうで微笑ましかったらしいです。

これもマルチアングルで見たい!JE様…金なら出します!

 

Weeeekではジャンプ…してませんごめんなさいw個人的に立ち仕事が長いので膝が心配ですw

 

DepertureのMIX楽しかった!札幌とか大阪とかでは「手越がなんか喚いてた」とか言われてたみたいですが、名古屋からはモニターにニコ動的な文字が出てくれたのでMIXも揃ってた、と思います。

なにぶん名古屋では2公演とも見切れに近い席・広島1日目は地上からバクステの手越さんを見ていたので、モニターに文字が出てることに気付いたのは広島2日目でしたけどw

このMIXを書いたツイートが私にしてはたくさんRTされて驚きました。

Twitterの片隅でひっそりNEWS担やってるはずなのに。

手越さんがAメロを歌えないまま名古屋まで来てしまったらしく、名古屋1日目はAメロの歌詞の後半が「いっつも間違える」になってました。

名古屋2日目(1部)はAメロを歌うときにシゲと見つめ合ってリズム取りながら歌って、「歌えた!!(ちょっと声ひっくり返ってた)」って言っちゃってた可愛い。「リハのときAメロだけすっごい練習した」「今まで一度も歌えてないから後ろでけっこうスタッフも笑ってるらしい」なんて言うもんだから、笑っちゃうわ可愛いわ気持ちが忙しいよ!

シゲの「もうツアー折り返し地点超えてるんだけど」っていう冷静極まるツッコミに爆笑しました。

Aメロ歌えなくても可愛いよ!←手越さんにとことん甘い

 

デニム衣装のままMC。MCレポは東京ドーム両日やってます。過去記事にあるのでどうぞよろしくお願いします。一生懸命書きました。

名古屋広島は今のところ見送りの可能性が高いですが、先のことはわかりません。今眠いし考えられない←

 

愛言葉

Theme of "QUARTETTO”

f:id:potekuro:20160624013232j:plain

衣装はそのまま。

デニムの上着はみんなMC時点で脱いでます。

みんな?少なくとも手越さんは脱いでます。

手越さんだけペンライトを左手に持って、右手にマイクで歌うので合わせづらいな…と思ってました。

どうせ会場じゅうが同じ方向にペンライト振ることができないなら、手越さんに合わせたい乙女心(誰が乙女なんだという質問にはお答えしかねます)

 

愛言葉終わりに手越さんが大きいオルゴールを回して(回すポーズをして)Theme of "QUARTETTO”。

ぬぉお!!とラオウ様になっちゃうくらいかっこよかったです。ケンシロウより強い。ユリアも攫っちゃう。

我が生涯に一片の悔いなし。

あ、QUARTETTOの初めの立ち位置って四神じゃなくて南斗だったのかな。

あれは五車星だった…その上ものすごい関係ないからやめよっと、この話。

 

四銃士

星をめざして

某$誌に画像がなかったのですが、MVの衣装です。

なんで2曲のために衣装チェンジするんだろうねぇ…と思ってたアリーナの思いは、東京ドームで納得いきました。

アリーナではブザー鳴らなかったんですよね。

ドームでブザーを聞いて「ん?ブザー鳴った?」と思って。

幕が上がっていくと同時に、アリーナ前方→アリーナ後方→1階前方→1階後方→…って順で「うわぁああ!!」って歓声が起こって、これは何か起きてるな、と。

まさかまさかと思ってはいましたが、マエストロ西本智実さん率いるイルミナートフィルの生演奏でした。

私は四銃士の原曲・パガニーニの主題による狂想曲があまり好きではなかったのですが、四銃士を知ったあと聞くとドキドキするようになりました。

私はとても単純にできています。

星をめざしてもドームではオーケストラで。

 

愛のエレジー(小山ソロ)

f:id:potekuro:20160624012926j:plain

1人KAGUYA!!

めっちゃかっこいいんだけど、かっこいいだけじゃなくて妖艶!

けいちゃん、ファンをどうしたいの?って思いました。

メインステからセンステに歩く道に赤い提灯?ぼんぼりなのかな?があって、けいちゃんがセンステに着いたらスルスルスル…って片付いていくのがすごい印象的で、けいちゃんを見ろ。

最後パタって倒れるとき、マイクスタンドに頭ぶつけてたように見えたのは東京土曜。

東京日曜はマイクスタンドから距離があって安心しました。

けいちゃんが頭ぶつけたら大変。しんぱい(親か)

 

Encore(手越ソロ)

f:id:potekuro:20160624013456j:plain

メインステ少し左手よりに置かれた椅子の上に静かに座る手越さん。

左手薬指の指輪を抜こうとして、でも逡巡して…やっぱり抜けない…ってところで始まります。

手越さんを振った女を今すぐ火炙り…いえなんでもないです(ずいぶんとバイオレンスだな)って思っちゃうくらい切なげな表情、切ない歌声。

踊ってるわけじゃないのに、一瞬も目を離せない、魅せる手越さんでした。

最後はとうとう指輪を外して、メインステに捨てて去った…のはアリーナの演出。

ドームでは外してないと思います。なにぶん距離があって(ひたすら美しすぎる顔だけを見ていて覚えてないとも言います)

 

もうね、本当黙ってようと思うんですけど、もうここまで読んでくれてる人いないだろうから書いちゃうけど、叫びすぎ。

「ゆうやー」「ゆうやー」「ゆうやー」って、手越さんが雰囲気出してる時によく叫べるよね。その神経がわかんないです。

で、必ずあるのが男性の声で「ゆうやー」「あはははは」って。

何が面白いんだろう。全然面白くないよ?

手越さんが目の前にいるのによく笑えるよね。

あれだけはものすごく不愉快でした。

特にドーム。許さん。許さんぞ。

それでも、モニターに手越さん(の顔面)が映ると静まり返るんだから

人は絶対的な美の前に静まるしかない

と思ってたりはするんですけど、でも不愉快でした。

Twitterでは耐えきって黙ってましたけれど、書いちゃった。てへぺろ

 

I・ZA・NA・I・ZU・KI

センステに上がってきたまっすーの白い衣装が白衣みたいに見えたのは瞬時のこと、恐らくブラックライトでの演出だと思いますが、白い衣装に模様が浮かぶ…衣装担当まっすー恐ろしい子…!!

一度センステに上がったまっすーが、ステージ降りてけいちゃんと入れ替わって。

けいちゃんが本来の手越さんのソロ部分まで歌ってから手越さん、そしてシゲ。♪くっちづけをーで場内絶叫!いつも何が起きてるかわかってませんでしたが、ポンパに髪型変えて来て初めてモニターに映るタイミングだったんですよね。

シゲが歌い終わる前にもう一度センステに上がるまっすー。

ん?まっすー、なんで一度降りたんでしょう?

この曲が終わって、メインステに猛ダッシュする4人が可愛くてたまりません。

 

Wonder

シリウス

NEWSニッポン

ライフ(東京ドーム6.11&6.12のみ追加)

サヤエンドウ

恋のABO

TEPPEN

NYARO

ヒカリノシズク

 

ここから茶色の衣装。

らくだ色って言ったら相方(衣装担当増田さん担)にめちゃくちゃ怒られたので心の中で思っていることにします。

 

私がアルバムQUARTETTOで一番好きだった曲Wonderが、ただひたすらかっこよくて幸せでした。

「わざとザラついた声で歌ってる」とツアーパンフレットで語ってた手越さん、1回目のWonderのザラつき加減が素敵で素敵で、終盤のフェイクの声の伸びもすごくて、どうして声を出し続けてるのにどんどん弱くなるどころか強くなるんだろう…。

絶対的な美を見せつけられて呼吸も忘れてたEncoreの記憶と合わせて、

もう少しで息を引き取りそうになりました。

あーかっこよかったぁ…。

 

話題のミニセグウェイで登場はシリウス~NEWSニッポン。

生まれ変わったらスレンダになりたい。ニッポンにもなりたい。この際ミニセグウェイでもいい。

シゲがミニセグウェイに置いていかれちゃったのは広島2日目かな。

ミニセグウェイで小技を繰り出しつつソロ部分を伸びやかに歌い上げる手越さん、さすがです。

 

サヤエンドウのシゲー!シゲー!!が言えて満足。

私が初めてNEWSを意識した曲です。

ワンピースはよく知らないので、純粋に曲に惹かれたんだろうな、と今になって思います。

その頃から「コンサートに行きたい」「この透明感ある歌声は誰」とまでは思わなかった自分を全力で殴りたくなります。

 

東京ドームだけ追加されたライフで、アルバムQUARTETTOの楽曲は全てQUARTETTOツアーで歌ってくれました。単純に嬉しかった。

本来恋のABOとTEPPENの2曲だけがトロッコ曲だったのですが、ドームは外周が広いので追加があるならここだと思ってました。

ダンスの才能が全くない私が唯一踊れるNEWSの曲が恋のABOなのですが、踊ってる場合じゃなかったです。(私はチェリッシュも星をめざしてもフリを間違えて恥ずかしくなってキョロキョロするという最低のダンスセンスを持っています)

名古屋(5月8日1部)では恋のABOで。

広島(5月29日)ではTEPPENで。

…何か書きました?

 

夏め!NYARO!!

トロッコを降りてセンステで。

元気な曲で大好き!

WHITEツアーでは2回も歌ったのがとても印象的です。

手の動きがくにゃんくにゃんしてて好き。でも絶対できないなーって思います。

けいちゃんが♪僕の隣に 来いよ!って歌ってたり。いちいちかっこいいです。

手越さんは♪ラブソングみたいに 何とかシテクダサーイ♡って早口で言うのが好きでした。

正直4人でハート作るのはWHITEで見納めかな?と思ってたので嬉しい選曲でした。

f:id:potekuro:20160624013548j:plain

 

ヒカリノシズクはしっとりと、本編の最後を彩るに相応しい名曲だと思いました。

メインステ側左手にシゲ。バクステ側左手にまっすー。バクステ右手側にけいちゃん。メインステ右手側に手越さんのフロートが上がっていきました。

これを私は○○ゾーンと呼んでいましたが、

名古屋1日目にシゲゾーン。

名古屋2日目(1部)に手越さんゾーン。

広島1日目にけいちゃんゾーン。

広島2日目にまっすーゾーン。

という見事なコンプリートっぷりでした。

メインステから去るメンバーに手を振って、見えなくなったら間髪入れずNEWSコールです。

 

【アンコ1】

ONE~for the win~ 

さくらガール

恋祭り

 

スクリーンに五線譜が出て、ト音記号の横に出る二分音符・四分音符・八分音符・十六分音符・二十四分音符に合わせて手拍子をします。

最後はもう拍手です。いつも頑張りすぎて、歯を食いしばってました。

グッズのバンダナをうさぎちゃん巻きしてくるけいちゃん。卑怯なくらいかわいい…。

Tシャツ着たり、パーカー着たり、絶対パーカー暑いよね。

サッカー3部作の2作目、テンション上がるONE~for the win~からのアンコールはしっとり終わった本編からいい意味で裏切られてすごく嬉しかったです。

手越さんのフェイクはいつ聞いても美しい。美しい以外の表現方法がないのが悔しいです。

 

手越さん担は涙なしに見れないさくらガール。

ドームでは天井に投げキスして、天井を指差してました。

こんな楽しい気持ちいっぱいでさくらガールを聞けると思ってなかったので、それだけで嬉しかったです。

まっすーの手の文字は

名古屋1日目→ありがとう

名古屋2日目(1部)→お母さんありがとう

広島1日目→広いこころのシマシマのまっすー(略して広島)

広島2日目→広い心のシマシマのまっすー(まっすー:略して広島。手越さん:使いまわしたなw)

東京1日目→またドームに連れてきてね

東京2日目→またドームに連れてきてね

 

またドームに連れてきて欲しいのはこっちです・゜・(ノД`)・゜・

 

恋祭りでアンコ終了。

タオルぶんぶん。

エイト(TWL)でもセクゾ(make my day)でもタオルでバコンっとぶっ飛ばされた悲しい私ですが、NEWSでは一度もぶっ飛ばされませんでした。

みんなちゃんと短く持ってくれてる…NEWS担はマナーがいい、というのを実感しました(でも手越さんソロ前に叫んだ人は許さない)

手越さんのソロ♪浴衣姿が まぶしすぎるよ のところでは、会場もメンバーも手越さんにパワーを送って、タオル回して跳ねて、楽しい2時間半は終わるのです。

本当にどうもありがとうシゲカトウ!!って口々に言ってたのは名古屋2日目(1部)かな。

僕たちの名前は!?

NEWS!!!

で銀テが噴出されて、なんでかいつも全然落ちてこなくて(天井ばっかだったから。普通に当たった席なのよ)でも、それでも、とっても楽しかった満足!って思ういいコンサートでした。

 

【アンコ2】

weeeek

東京ドーム2日目のみ。

アンコ1のメンバーがはけた時間は20:44でした。

女性のアナウンス→男性が出てくる→会場諦めるというパターンに慣れていた私でしたが、この日だけは

女性のアナウンス→もう一度女性のアナウンスになり、会場のNEWSコールはMAXでした。

きゃー!!ぎゃーーー!!!出たー!!!と幽霊でも出たかのような声を発したファンに

増田▽どぉもぉっ!

小山□呼んだ?

加藤○完全に帰る準備してた。

増田▽シゲ歩いて今車乗ってた。

加藤○汗だくじゃん。

増田▽そのまま帰るスタイルですか?想い出に浸って。4時間くらい2時間半の想い出

加藤○どうする?本当に丸腰で来たの。やる予定なかったから。

(会場えー!!)

手越♡でも、やる曲ないよ。

(会場えー!!)

小山□俺ら本当にめちゃめちゃ(めちゃめちゃ、をたくさん言いました)出し尽くして、もうこれで終わりなの。

手越♡コンサートってみんなと楽しむ場じゃない。そのコンサートは既に終わってるの。だから、どうする?って。ちょっと時間ちょうだい。ちょっと時間くれ!

(4人で輪になってマイクなしで話し合い。お仕事の顔してた。見えてたのは尻だったけど←)

増田▽ちょっと待ってね。ちょっとごめん…ちょっと手洗ってくる。

(会場また?って爆笑。でも、まっすーは階段の途中でスタッフさんと話し合いをしてくれたのでした)

小山□ちょっとごめん。ちょっと…汗拭いてくる。

(けいちゃんもまっすーと一緒にスタッフさんとの話し合いに参加)

手越♡違うの。何か、曲をやろうと思ってるの。ただ、サイズってあるじゃん。例えばなんだろう、短い曲。

増田▽全然いいよ。

手越♡短い曲だと俺らが回りきれないから、準備しなきゃいけないの。それを伸ばせるかどうかの話をしてるから、ちょっと待って。伸ばせるかどうか聞いてるから、ちょっと待って。

バチーン話し合って!!

と思ったのも束の間、ふと気づくとけいちゃんが手越さんのほっぺをつまんでる。

唇突き出してるみたいな顔になってる手越さん。

その奥でシゲとまっすーもセルフ唇突き出し。

話し合いは終わったんだね。

f:id:potekuro:20160624013627j:plain

小山□やる?やる?

(会場やるー!)

手越♡そんなんだったらこっちもちょっと考えますよ

(会場やるー!!!)

増田▽俺は、やるよ(ニヤリ)

加藤○じゃあ、やろう!

小山□皆さん、まだ盛り上がれますか?最後だよ!まだやりたいか!!やりたいのか!!では、いきましょう!!!

だいたいこんな感じ(音が割れて聞こえる席だったんですよぅ…)

音楽が始まるとともに花道に躍り出たメンバー、3人しかいない。

しまった見失った!どこ?どこ?と必死で探した手越さんは早速アリーナに降りてました。

その後、全員アリーナに降りたのかな。

手越さんは最後、私の席から見えた1塁側アリーナの右端に座った女の子たちと手を触れ合って、手越さんが通った後は死屍累々状態でした。

しゃがみこんでる人、泣いてる人がたくさんで、羨ましいより、微笑ましかったです。

大好きなんだもんね良かったねぇ…。

Weeeekが終わると会場はもう1回コールを始めましたが、メンバーは口々に「ありがとう」「嬉しいね」「嬉しいよ」とメインステに戻り、いつしかその声も静まりました。

小山□ありがとうございます。こうやって、みんなに毎日毎日元気を送れるように、日々頑張っていきます。みんなありがとね。最後に僕たちの声届けようよ。

加藤○今回一回もやってないもんね。

小山□(シゲに)明日の声はもう諦めてください。

加藤○喉ちんこスペアないから

小山□僕たちの声だけで最後感謝を伝えるんで、ちょっと遠いからシーってしてください。いいですか?

(メンバー肉声での)ありがとうございました!!!

(会場拍手。聞こえたら拍手。)

増田▽最高のツアーでしたありがとう!

小山□そして、夏は一緒に楽しもうね!

手越♡またね!!