グリーンとピンクのあいだ

関ジャニ∞とか、NEWSとか、Sexy Zoneとか。ジャニヲタです。コンレポとかセトリも書きます。

携帯落として割ったのは修理しました

アップルストア銀座に行ってきました。

(1個前の記事の続きなので何しに行ったのこいつ?とお思いのあなたは1個前の記事からご覧下さい)


自宅がある市は政令指定都市なのにアップルストアがないということで
「銀座・表参道・渋谷」
から選ばなきゃいけなかったんです。

そのうち一番近い…というより、定期の範囲内なので銀座に行くことにしました。
唯一場所も知ってるし。
中に入ったのは初めてだけど。

アップルストア1階では手が空いてる店員さんが見当たらなかったのですが、触って体験できるiPhoneiPadのサンプルが大量に並んでいるテーブルを見て
「こんなところで修理はしてないだろう」
とエレベーターに乗りました。
その行動がちゃっかり正解で、エレベーターが自動で止まったところで修理を申し込めたのです。

アップルストアなら即時修理できます」
と聞いていたのに
「1時間半お預かりします」

…あ、そう…本持って来れば良かった…
あ、でもここは銀座だもの本屋くらいあるよね。
と外に出て、いきなり目に付いた本屋に入って買ったのが

f:id:potekuro:20160710014225j:plain


読んでないんですよね←
ピンクとグレーも買っただけなんですよね←

 

喫茶店でアイスコーヒーを飲みながらたった1時間ちょいで半分くらいまで読んで、アップルストアへ。
無事に綺麗に戻ってきた携帯に“当たり前の幸せ”を噛み締めながら
12800円+消費税=13824円
を払い、電車が混む前に政令指定都市まで戻り、割れたガラスから私を守ってくれたフィルムシールを買いにヨ○ドバシに向かうのです。…○の位置間違えたかな。


“衝撃に強い!!”フィルムシールを買って、貼るサービス(500円)をやっているカウンターに行き
「これ貼ってください」
とお願いする超絶不器用な私。
いろいろありつつ(ここ細かく書くと不愉快な上にものっそい長いから省略)無事に“落下の衝撃にぼちぼち強いガラスシール”を貼ってもらいました。

更に落としても壊れないようにするために手帳型のケースを買いに行きました。
今まで背面のみのケースしか使ったことがないので、全面を覆う手帳型の使いづらそうさにおののきつつ、ピンクでものすごく悩んで

何もかも面倒になって茶色のケースを買い

ついでにネックストラップも買って、これでもう落とさない!

それに落としても大丈夫!多分!

と安心しきって帰ろうとし、ここでようやく

ソフトバンク行くの忘れてた

ということに気付いてソフトバンクショップに向かいます。
あんしん保証パックに入っていると、修理代を85%(消費税除く)負担してもらえるらしいのです\(๑´ω`๑)/

つまり10880円負担してもらえて…正味2944円で修理できたってことになりますiPhone6の場合)
ソフトバンクショップでアップルストアの領収書を出して、補償の手続きをしてもらって、承認おりるまで待って。
やっと帰宅したのは20時を回っていたのでした。
結局一日かかってしまいました(銀座は我が家からそんなに近くないので、14時銀座で12時すぎには家を出ています)

しかもあちこちで待たされまくった結果、

閃光スクランブル読了してしまいました。

感想というほどの感想を書くつもりはないのですが、これだけ。

最後の章じゃなくて最後の1個前の章の題が「閃光スクランブル」なところが、とても好きです。

 

結局修理に1日かかりましたし、いろんなところでいろんな人と話してとても疲れてしまいましたが、とにかくこれで
私、今バッキバキの携帯でバッキバキ体操聴いてるw
って思わないでいられるようになりました。


こんなうまいこと言うために携帯落として割ったわけじゃないんだけどな…w